楽天店舗の顧客の動向を可視化し、
PDCAサイクルを最適化する分析機能

機能概要

Rakuconは、楽天店舗に来店する顧客のページ遷移や、楽天や外部からの広告流入を分析し、効率的なPDCAサイクルを実現できる機能です。

こんなお悩みないですか?

Rakuconはこのようなお悩みを解決します。

  • ユーザーがどのようなページ遷移をしているか知りたい
  • ユーザーがどのページに最初にアクセスしているか知りたい
  • 商品ページのカゴ落ちの割合を知りたい
  • セールページでどのバナーをクリックしているか知りたい
  • 楽天広告や外部広告からの流入ユーザーのアクセス数や転換率を知りたい

機能紹介

楽天市場のRMSでは見ることのできないユーザーの細かな動きを分析することで、効率的なページ制作、セール企画を行い、しっかりとしたPDCAサイクルが実現でき、金銭的コスト、人的コストに無駄のない店舗運営が可能となります。

広告効果測定機能

楽天広告だけでなく、URLを登録するタイプの外部広告やSNS、ブログ等からのアクセスを判別し、アクセス数はもちろん、転換率やカゴ落ち、ページ遷移まで分析できます。

レポート出力機能

店舗のデータを元に、月別、日別、顧客属性、来店方法、検索キーワード、商品の売上構成などのレポートをボタン1つで出力できます。

初回アクセス分析機能

楽天RMSではページ遷移も含めてのトータルアクセス数しか表示できませんが、初回アクセスを判別することで、どの商品が入り口になっているかを分析します。

買い回り分析機能

初回アクセスを除くアクセスを集計することで、買い回りでアクセスされるページを判別し、入り口商品から利益の確保できる商品ページへの遷移を分析できます。

バスケット分析機能

どの組み合わせで商品が購入されているかを分析できます。買い回りを設置した際の効果測定に活用頂けます。

キーワード分析機能

どのキーワードでアクセスしたユーザーがどのような行動をしているかを分析できます。アクセス数だけではなく、転換率やカゴ落ちも考慮した比較分析が可能です。

導入をご検討の方へ

導入をご検討の方は以下のお問い合わせフォームよりご相談くださいませ。

導入事例の一部紹介

  • 株式会社イチネンネット様
  • グンゼ株式会社様
  • 株式会社オークローン(ショップジャパン)様
  • 株式会社ヨックモック様
  • 合同会社FOREVER21 JAPAN RETAIL様
  • 一部抜粋

TOP